• 小さなネズミ
    動物は人間にとって、癒やしであることもあります。
    その証拠に、今でも休日になると、動物園はたくさんの人で賑わいます。
  • 害を及ぼす小動物
    動物は人間にとって、癒やしであることもあります。
    その証拠に、今でも休日になると、動物園はたくさんの人で賑わいます。

被害の怖さと業者への依頼

害獣による被害で、一番怖いのはその被害をそのまま放置してしまうということです。
放置してしまうことで、状態はさらに悪化し、最悪の場合、自分の家が害獣の住処になってしまうこともあるのです。

たとえば、屋根裏での被害をそのまま放置してしまうと、その部分から人間が過ごしている空間へと被害が伝わります。
屋根裏から、室内にまで影響が出てくるのです。
害獣の排泄物による悪臭や、その排泄物自体が室内に漏れてきたりすることもあります。

さらに害獣はそのものがウイルスや病原体を持っていることもあります。
それがもし人間に感染してしまうと、病気になったりと、健康面でも大きな影響が出てきます。

さらにその害獣が、自分の家でそのまま死んでいたなんてことになると、その被害が収まるどころか、死骸に集まるノミやダニ、ハエなどの大量発生を促してしまいます。 さらに…

害獣による被害

害獣にはさまざまなものがいますが、その中でも一番多く被害を与えているのはねずみやハクビシンです。

ねずみは山里付近にも多く生息していますが、都心部にも棲息することから、その被害の影響は広範囲に広がっています。
そのなかでも一番被害を及ぼす種類とされているのがクマネズミです。
クマネズミは移動を垂直に行うことができ、さらに高所も簡単に登ることが出来るので、ビルなどに多く繁殖しています。
警戒心が強く、賢い性格をしているので、捕獲し駆除するのが難しいとされています。

ほかにも被害を及ぼす害獣がいます。それはハクビシンです。
ハクビシンは外来種の動物とされており、ネコ科に属します。
ねずみのように小さな体ではなく、50センチほどの大きな体をもつので、見つけることは簡単です。

この二つの害獣は、民家の屋根裏に侵入し、そこで走り回ることで、騒音という被害を与えます。
さらに…